検索
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
プロフィール

ふじむら農園 6代目


畠山 均

ふじむら農園HP
農園紹介・ネット販売はこちら!

ふじむら農園ホームページ
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
アーカイブ
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

りんごの農薬散布修了。りんご特別栽培を達成ならず・・・
0
    こんにちは。しんやです。

    台風により、大変な被害が出ています。
    被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。
    2011年は、日本「受難の年」となりましたね。

    ふじむら農園@岩手県盛岡市は、今晩がヤマです。
    りんご、洋梨、稲、被害が少ないことを祈るばかりです。
    こんな時、ほんとになんにもできません・・・


    さて、本日は、りんごの農薬についてご報告です。

    先日、9月16日に本年の散布を終了致しました。
    残念なお知らせですが、害虫発生のため、
    特別栽培(農薬が慣行栽培の半分)に取り組んできましたが、
    本年度は、達成できませんでしたm( _ _ )m
    期待して待っていてくださった皆様、申し訳ありません・・・

    もともと農薬を半分にする技術は、非常にリスキー。
    天候に味方してもらわないと達成できない感があります。

    本年度は、乾燥・高温で害虫が好む気候。

    9月初旬、最後の農薬散布を前に、2種類の害虫が大発生の兆し。
    ・「アメリカシロヒトリ」:
      盛岡中で大発生し問題となった「蛾」。幼虫は毛虫で、葉を食べます。
      りんご畑にも飛来し、まだ多くはないが見過ごせない状態となりました。
      この時期の散布で対応しないと、収穫まで2カ月間も放置になります。

    ・「ハダニ」:
      葉の裏に付くダニ。高温の気候がマッチしたようで、畑内の数か所で発生。
      大量にハダニがついた葉は、落葉します。
      こちらも2カ月間は、見過ごせない状態・・・

    この2種類の害虫に対応するため、農薬を追加し、
    「特別栽培の散布数+1」回の農薬散布で今期の散布を終えました(涙)
    葉がなくなって、味が乗らないりんごにはしたくなかったんです・・・


    ↑今期、がんばってくれた ふじむら農園の赤い「フェラーリ」。ありがとう!
     吸水ポンプに不凍液を入れなきゃね。

    皆さんのお手元へ届く、約1ヶ月前から農薬散布は致しません!
    この後は、病気が出ても、虫が出ても、我慢です
    広がらないで~と祈ります。


    散布農薬の説明は?と思ってくれた方はいらっしゃいますかね?
    8月散布分よりブログでのご報告が滞っておりました。
    申し訳ありませんm( _ _ )m
    農薬の散布暦の記事は、「マニアック過ぎない?」とのご意見を頂きまして(汗)
    一年分をまとめた防除暦として、ふじむら農園ホームページにて
    公開することとしました。只今、作成中です。

    本日の記事は、「字ばっかり」&「言い訳がましい」で申し訳ございませんm( _ _ )m
    もうすぐ収穫が始まります。次回より、テンションを上げていく所存です。



    ↑こちらは昨年のふじの写真。今年も早く赤くなれ~ 
    人気ブログランキングへ
    ランキングに参加しています。クリックすると自動投票(一日1クリックのみ)。
    更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
    posted by: しんや | りんご防除暦 2011 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
    りんごの農薬散布(8)殺菌剤&殺虫剤
    0
       こんにちは。しんやです。

      夏、真っ盛りなふじむら農園@岩手県盛岡市です。

      7/16にりんごに農薬散布を行いましたのでご報告。


      ↑現在の畑の様子。りんごの木の下の雑草が枯れてます。
      除草剤を散布しました。(除草剤のお話しは、また次回致します)





      ↑目指せ!日本一のりんご農家!ってことで、マスクにメガネで頑張ります!





      キノンドー水和剤80の説明 
      この農薬は普通薬剤です。(劇物指定でない)
      目的:殺菌剤。黒点病・黒星病・褐斑病など。

      有効成分:8-ヒドロキシキノリン銅    詳しくはこちらで
             銅イオンが菌類を殺菌します。
             8-ヒドロキシキノリンは、銅の浸透を助けるらしいです。
             日光中で半減期数時間と分解されやすいようです。
             黄色くてすごく目立つ農薬です。
             

      散布制約:収穫14日前

      ADI:0.017mg/kg/day 詳しくはこちらで
      ADIとは:一日摂取許容量。毎日摂取しても、体の解毒作用で無毒とされている量。



      スカウトフロアブルの説明 
      この農薬は劇物指定です。
      目的:殺虫剤。小型の蛾と幼虫。アブラムシ等

      有効成分:トラロメトリン    詳しくはこちらで
                    

      散布制約:収穫前日まで可

      ADI:0.0075mg/kg/day 詳しくはこちらで
      ADIとは:一日摂取許容量。毎日摂取しても、体の解毒作用で無毒とされている量。

      このトラロメトリンは、ピレスロイド系殺虫剤で、
      虫の忌避効果が高く、哺乳類には毒性が弱いのが特徴。
      なので、収穫前日まで散布OKのようです。
      (実際に直前散布は絶対ありませんが・・・)

      毎度、わかりずらい&マニアックなお話で申し訳ありませんが、
      りんごの木を虫や病気から守るため、がんばっております。
      質問・ご意見・ご感想、お気軽にお寄せくださいm( _ _ )m
      人気ブログランキングへ
      ランキングに参加しています。クリックすると自動投票(一日1クリックのみ)。
      更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
      posted by: しんや | りんご防除暦 2011 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      農薬散布7:殺菌剤&殺虫剤
      0
        こんにちは。しんやです。

        更新が滞っておりました・・・
        IAFSや同友会で講演を聴き、勉強してきましたので、
        機会を見てご紹介していきたいと思います。

        まずは、農薬散布をしましたのでご報告。
         
        2011/7/1

        ↑でっかいファンです。今日も頼むよ!




        ↑今回散布した農薬はこれ!

        パスポート顆粒水和剤の説明 
        この農薬は普通薬剤です。(劇物指定でない)
        目的:殺菌剤。モニリア病、黒星病、斑点落葉病、褐斑病、すす斑病、すす点病、
                 輪紋病、炭疽病など、主要な病原菌を抑えます。

        有効成分:クロロタロニル    詳しくはこちらで
               半減期は短いようですが、耐水性があり効果が長いようです。
               そのためか、散布制約も収穫前、45日と長め。
               お盆収穫8/15はできません。
                (ふじむら農園の収穫は10月からです。)  

        散布制約:収穫45日前

        ADI:0.03mg/kg/day 詳しくはこちらで
        ADIとは:一日摂取許容量。毎日摂取しても、体の解毒作用で無毒とされている量。
        (安定なため、体内でも吸収されにくいみたいで、ADI値は大きめです。)



        こちらは農薬でなく、肥料。

        ↑こちらはカルシウム肥料といって、カルシウムを散布します。

        カルシウムは、2つの効果があります。
        ・ビターピットとゆう収穫後に黒い斑点がつく病気を防ぐ
        ・実がしまった硬いりんごの実にしてくれる

        カルシウムが不足すると、りんごの実が柔らかくなってしまうので、
        カルシウム肥料は重要な肥料です。


        農作業は、摘果の2巡目を廻り、仕上げをしております。
        りんごの実もいよいよ大きくなってきました。
        今年の収穫が楽しみです!
        人気ブログランキングへ
        ランキングに参加しています。クリックすると自動投票(一日1クリックのみ)。
        更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
        posted by: しんや | りんご防除暦 2011 | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        りんご農薬散布6:殺菌剤&殺虫剤
        0
          こんにちは。しんやです。

          いよいよ梅雨本番のふじむら農園@盛岡市です。
          梅雨の長雨前にしっかり防除!
          とゆうことで、6/22に農薬散布いたしましたのでご報告します。

          今回は、殺虫剤・殺菌剤と殺ダニ剤、3種類を混合して散布しました。

          この「ダニ」ってやつは、かなり厄介です。

          「ダニ」は、りんごの葉の裏に大量に発生します。
          ダニがたくさんつくと、葉は赤っぽくなり栄養を作れなくなってしまいます。
          そうすると、りんごへ養分が送られず、味が乗らないりんごになってしまします。

          ダニの繁殖力は爆発的で、しっかり抑えていかないと、
          本当に畑内すべての葉を赤く変えられてしまいます。
          しかも、殺虫剤では、死ににくいときてます。

          りんごの木を守るため、まだ少ないうちにしっかり叩いておかなくては!



          ↓以下 農薬の説明




          モスピランの説明 
          この農薬は劇物指定です。
          目的:殺虫剤です。アブラムシ・小型のガ系に効きます。
              野菜類にも広く使用されています。
              今回は、木に増えつつあるアブラムシを減らします。

          有効成分:アセタミプリド    詳しくはこちらで
                 1995年登録で、耐性虫が少なくよく効きます。

          散布制約:収穫前日までOK
                 とありますが、はくさいなどが収穫14日前までとなってますので
                 収穫直前の散布はどうなのかと感じます・・・

          ADI:0.071mg/kg/day 詳しくはこちらで
          ADIとは:一日摂取許容量。毎日摂取しても、体の解毒作用で無毒とされている量。

          よく効く殺虫剤です。劇物ですので、取扱いは要注意!
          気をつけねば。




          チオノックフロアブルの説明 
          この農薬は普通薬剤です。(劇物指定でない)
          目的:殺菌剤。黒点病・黒星病・褐斑病など。

          有効成分:チウラム    詳しくはこちらで
                 もも、なしなど果樹に使われています。

          散布制約:収穫30日前

          ADI:0.0084mg/kg/day 詳しくはこちらで
          ADIとは:一日摂取許容量。毎日摂取しても、体の解毒作用で無毒とされている量。






          オサダンフロアブルの説明 
          この農薬は普通薬剤です。(劇物指定でない)
          目的:殺ダニ剤。葉につくダニを専門に狙います。

          有効成分:酸化フェンブタスズ    詳しくはこちらで
                 この成分、分解されずらいようです。
                半減期は270日〜1300日にもなります。
                希釈濃度と誤散布には十分気をつけなくては。
                (安定なため、体内でも吸収されにくいみたいで、ADI値は大きめです。)

          散布制約:収穫14日前

          ADI:0.03mg/kg/day 詳しくはこちらで
          ADIとは:一日摂取許容量。毎日摂取しても、体の解毒作用で無毒とされている量。
          (安定なため、体内でも吸収されにくいみたいで、ADI値は大きめです。)



          梅雨前半、害虫・病気とも防除の最も大切な時期です。
          害虫は少ないうちにしっかり叩く!
          病気は、雨中に進むので、降雨前に散布!
          これが重要!

          りんごの実もさらに大きくなってます。
          次回の定点観測もお楽しみに〜

          人気ブログランキングへ
          ランキングに参加しています。クリックすると自動投票(一日1クリックのみ)。
          更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
          posted by: しんや | りんご防除暦 2011 | 19:39 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
          りんご農薬散布 殺菌剤
          0
             こんにちは。しんやです。

            本日もバリバリ摘果をしております。
            もう、かれこれ2週間くらい摘果しかしておりません。
            小さなりんごを10万個くらい切り落としたでしょうか・・・
            (↑冗談ではない数字・・・)

            今回のご報告はさらっとです。
            6/11に農薬散布を行いました。




            ↑今回もこれ!アントラコール。

            農薬の説明は、前回の農薬散布の記事をご参照ください。

            この時期、雨とともに病気が広がります。
            りんごの木たちをしっかり守ってあげなくては!



            いくちゃんのりんごもだいぶ大きくなりました。
            近日中にご紹介しますので少しお待ちくださいm( _ _ )m
            人気ブログランキングへ
            ランキングに参加しています。クリックすると自動投票(一日1クリックのみ)。
            更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
            posted by: しんや | りんご防除暦 2011 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            りんご農薬散布 殺菌剤
            0
               こんにちは。しんやです。

              6/4にりんご畑へ農薬散布しましたのでご報告です。

              早朝、風がなくりんご畑周辺へなるべく迷惑かけない時間を選んで、
              いざ、出撃!


              ↑ふじむら農園の赤いスーパーカー(中古です)!今日もよろしく!




              ↑今回の散布農薬は、これ!アントラコール顆粒水和剤


              ・アントラコールの説明 
              この農薬は普通薬剤です。(劇物指定でない)
              目的:黒点病、黒星病、褐斑病 等の防除
                  幅広く効きます。
              有効成分:プロピネブ    詳しくはこちらで


              散布制約:収穫の45日前まで
                     いよいよ実の原型ができてきました。散布制限を厳守!
                     (収穫は10月末から。まだ十分先です。)

              半減期が10日前後と効果が長く持続する農薬です。
              そのため、収穫前の散布制限を厳守する必要ありです。
              また、風で周辺園地への飛散も気を付けなくては!


              ADI:0.0025mg/kg/day 詳しくはこちらで
              ADIとは:一日摂取許容量。毎日摂取しても、体の解毒作用で無毒とされている量。



              今後も、農薬の効果と毒性をしっかり勉強して
              安心・安全なりんご栽培を目指して行きます!



              人気ブログランキングへ
              ランキングに参加しています。クリックすると自動投票(一日1クリックのみ)。
              更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
              posted by: しんや | りんご防除暦 2011 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              りんご防除 害虫防除:コンフューザR
              0
                 こんにちは。しんやです。

                今回は、害虫の発生を抑える農薬 コンフューザーR を畑に設置しましたのでご紹介します。

                このコンフューザーは、とても面白い農薬です。特別栽培における切り札的存在。
                (毒性はなく、特別栽培の認定を受ける際に、農薬カウントされないものです)



                ↑パッケージはこんな感じ。真空パックされてます。




                ↑中身はこんな感じ。棒状で入ってますが、真ん中が割れて輪になってます。

                うむ、臭い!カメムシを突いた時を思い出す昆虫の香り!



                ↑使い方は、こうです。りんごの木に引っかけて、吊るすだけ。

                コンフューザーR:交信撹乱剤と言います。

                製造している信越化学工業さんのHPより

                昆虫の雌雄が交信に利用しているフェロモンを人工的に合成し、これを害虫防除に応用した新しい防除剤です。合成性フェロモンは農業害虫の交信を撹乱することによって交尾を阻害し、次世代の害虫密度を下げます。天敵などの益虫や他の生物への影響がなく、自然界が本来持っている力を活用した防除法として注目を集めています。


                素晴らしいアイデアです。
                実際、虫たちは、死なないので畑には結構いっぱいいます。
                卵を産ませないで、大発生させないところがポイントです。
                主に、小型の蛾系の虫に効きます。


                コンフューザーに守られて、りんごの葉はどんどん大きくなってます!





                おまけ

                今日も来てました、牛柄の子!ねずみ退治をしてくれてるんだよね?

                人気ブログランキングへ
                ランキングに参加しています。クリックすると自動投票(一日1クリックのみ)。
                更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
                posted by: しんや | りんご防除暦 2011 | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |