検索
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
プロフィール

ふじむら農園 6代目


畠山 均

ふじむら農園HP
農園紹介・ネット販売はこちら!

ふじむら農園ホームページ
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
アーカイブ
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

りんご農薬散布6:殺菌剤&殺虫剤
0
    こんにちは。しんやです。

    いよいよ梅雨本番のふじむら農園@盛岡市です。
    梅雨の長雨前にしっかり防除!
    とゆうことで、6/22に農薬散布いたしましたのでご報告します。

    今回は、殺虫剤・殺菌剤と殺ダニ剤、3種類を混合して散布しました。

    この「ダニ」ってやつは、かなり厄介です。

    「ダニ」は、りんごの葉の裏に大量に発生します。
    ダニがたくさんつくと、葉は赤っぽくなり栄養を作れなくなってしまいます。
    そうすると、りんごへ養分が送られず、味が乗らないりんごになってしまします。

    ダニの繁殖力は爆発的で、しっかり抑えていかないと、
    本当に畑内すべての葉を赤く変えられてしまいます。
    しかも、殺虫剤では、死ににくいときてます。

    りんごの木を守るため、まだ少ないうちにしっかり叩いておかなくては!



    ↓以下 農薬の説明




    モスピランの説明 
    この農薬は劇物指定です。
    目的:殺虫剤です。アブラムシ・小型のガ系に効きます。
        野菜類にも広く使用されています。
        今回は、木に増えつつあるアブラムシを減らします。

    有効成分:アセタミプリド    詳しくはこちらで
           1995年登録で、耐性虫が少なくよく効きます。

    散布制約:収穫前日までOK
           とありますが、はくさいなどが収穫14日前までとなってますので
           収穫直前の散布はどうなのかと感じます・・・

    ADI:0.071mg/kg/day 詳しくはこちらで
    ADIとは:一日摂取許容量。毎日摂取しても、体の解毒作用で無毒とされている量。

    よく効く殺虫剤です。劇物ですので、取扱いは要注意!
    気をつけねば。




    チオノックフロアブルの説明 
    この農薬は普通薬剤です。(劇物指定でない)
    目的:殺菌剤。黒点病・黒星病・褐斑病など。

    有効成分:チウラム    詳しくはこちらで
           もも、なしなど果樹に使われています。

    散布制約:収穫30日前

    ADI:0.0084mg/kg/day 詳しくはこちらで
    ADIとは:一日摂取許容量。毎日摂取しても、体の解毒作用で無毒とされている量。






    オサダンフロアブルの説明 
    この農薬は普通薬剤です。(劇物指定でない)
    目的:殺ダニ剤。葉につくダニを専門に狙います。

    有効成分:酸化フェンブタスズ    詳しくはこちらで
           この成分、分解されずらいようです。
          半減期は270日〜1300日にもなります。
          希釈濃度と誤散布には十分気をつけなくては。
          (安定なため、体内でも吸収されにくいみたいで、ADI値は大きめです。)

    散布制約:収穫14日前

    ADI:0.03mg/kg/day 詳しくはこちらで
    ADIとは:一日摂取許容量。毎日摂取しても、体の解毒作用で無毒とされている量。
    (安定なため、体内でも吸収されにくいみたいで、ADI値は大きめです。)



    梅雨前半、害虫・病気とも防除の最も大切な時期です。
    害虫は少ないうちにしっかり叩く!
    病気は、雨中に進むので、降雨前に散布!
    これが重要!

    りんごの実もさらに大きくなってます。
    次回の定点観測もお楽しみに〜

    人気ブログランキングへ
    ランキングに参加しています。クリックすると自動投票(一日1クリックのみ)。
    更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
    posted by: しんや | りんご防除暦 2011 | 19:39 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    最近は梅雨のせいで、農薬散布のタイミングもなかなか計れないですね(>_<)


    こちらでも毎日どこかしこでスプレヤー稼動しているのですが、天候と風との闘いです。この時期のはほんっと難しいです(泣)


    あ、息子の風邪が治ったっぽいので、近々遊びに行くかもしれません!
    | 継枝 | 2011/06/29 2:52 AM |
    継枝さま

    コメントどうもです。
    散布のタイミング、非常に重要ですよね。
    今年は、開花直前の散布タイミングで
    モニリア病が発生したところと、抑えたところの
    差が多くあったみたいです。

    息子さんの風邪、治ってよかったですね。
    お待ちしてますよ。

    | しんや | 2011/07/02 3:38 AM |
    リンゴの木を5本育てています。でもまったくの素人です。リンゴの木に虫が入ってオレンジの糞が木の根元にあります。モスピランを農協で勧められ、確か1、2月に一回散布しましたが、ダメで一本は元から折れてしまいました。この虫退治どうすればいいか教えて下さい。
    | 岡野恵美子 | 2016/06/17 10:34 AM |
    岡野さま

    しんやです。はじめまして!
    木が死ぬほどの虫はヒメボクトウと思われます。
    モスピランでは死にません。
    フェニックスという芋虫に特効の農薬を試してください。それをスプレーに入れてフンが出ている穴から注入します。

    もし、岡野さんがリンゴ農家でないならば、木を守るためだけならもっと確実な方法があります。ホームセンターで売っているカミキリムシ用スプレーで撃退してください。
    但し、これは農薬ではありません。
    これを木に散布した場合はその木の実は食べるのを諦めてください。
    但し、木は死なないで済むと思います。

    カミキリムシ用は農薬ではないので、りんごへ
    成分が移行する試験はされていません。
    その年はりんごは絶対食べないでください。

    大切なりんごの木だと思いますので私も守って差し上げたいです。詳しくはお気軽にお電話ください。
    もっと詳しくご説明します。
    | しんや | 2016/06/17 3:51 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.morioka-ringo.net/trackback/100
    トラックバック