検索
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
プロフィール

ふじむら農園 6代目


畠山 均

ふじむら農園HP
農園紹介・ネット販売はこちら!

ふじむら農園ホームページ
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
アーカイブ
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

震災から一年
0
     こんにちは。しんやです。

    昨日で、東日本大震災から一年となりました。

    犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

    今も不自由な暮らしに苦しみ、将来への不安と戦っている方々へ、
    心からお見舞い申し上げます。

    3/8・9、震災から一年を前に、同友会「中小企業問題全国研究会 in 福島」
    に参加し、福島県の現状を少しですが、見てくることができました。

    ↓福島県郡山市のホテル「ハマツ」にて

    なんと、全国から1500名が参加しています。すごい人です。

    この研究会で気になるお話をお聞きしました。
    それは、兵庫同友会の方のご意見(阪神大震災経験者さん)。
    「2年間は、復興需要がある。本当の勝負は、2年後から。
    多くの企業が倒産していった・・」
    阪神大震災が教えてくれる教訓は、「この後の経済の疲弊に備えること。」
    復興への正念場は、まだ先にあるということでした。備えていかなくては!



    ↑掲げられらたこの文字を胸に刻みました。

    「われら」とは、被災地の皆さんと私も含まれていると感じています。
    ふじむら農園も、日本の農業を支え、絶対に滅びない!発展する!
    それが、被災地のためでもあるし、現在の日本の農業のため、
    そして、日本全体のためと思っています。


    福島の経営者さん達の力強いお話もお聞きしてきました。
    「誰が悪いんだ!誰が責任をとるんだ!って話ではない。」
    悔しい思いを飲み込み、
    「今ある状況を受け入れ、対応し、未来に向かうことしかない!」

    状況を聞けば、とても「今ある状況を受け入れ」られないと感じましたが、
    本当に強い気持ちで未来に向かっていらっしゃいました。

    人のせいにしない。人任せににしない。
    今の状態・状況は、受け入れるべき環境でしかない。
    農業を取り巻く環境も同じだと思います。

    私も、本業の仕事を頑張り、微力ではありますが被災地支援しながら、
    岩手復興へ尽力することを誓います。

    東日本大震災で、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
    ご家族を亡くされた方々、今も放射能汚染に苦しむ方々が
    一日も早く、安らかな気持ちを取り戻せる日が来ることをお祈り申し上げます。


    人気ブログランキングへ
    ランキングに参加しています。クリックすると自動投票(一日1クリックのみ)。
    更新の励みになります。応援よろしくお願いします!
    posted by: しんや | 企業戦士たちの応援 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック